メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

お役立ち情報

住宅ローンフラット35

フラット35

フラット35とは、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供する長期固定金利の住宅ローンのことをいいます。
住宅金融支援機構とは、長期固定金利型の住宅ローンを供給する独立行政法人です。



フラット35の概要


住宅ローンを借りるときの保証料が不要で、繰上返済をする際も手数料が無料です。
その他、住宅金融支援機構が認めた場合には、返済途中の返済方法や返済期間を変更することができて、そのような変更手続きの手数料も無料です。
しかし、融資対象となる住宅の構造や床面積などに細かい基準が設定されていて、基準を満たしているかどうかの検査を受けなければいけません。こちらの検査費用は注文住宅(新築)の場合は、約3万円前後の手数料がかかります。



フラット35の融資条件


融資を受けるためには、以下のような基本条件が定められています。

  • 資金の用途
  • ●融資を申し込む本人または親族が住むための住宅の建設資金であること

      

  • 借入対象となる住宅

  • ●住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅

    ●注文住宅などの戸建ての場合:70平米以上の床面積があること

    ●店舗付き住宅などの場合は、住宅部分の面積のほうが広いこと

    ●注文住宅などの戸建ての場合:建設費用が1億円以下であること


  • 融資額について
  •  

    100万円以上8000万円以下で、建設費用まで利用可能


  • 年間返済額の割合

  • ●年収400万円未満の方/年収の30%以下

    ●年収400万円以上/年収35%以下


  • 返済期間
  • 15年以上35年以内


  • 金利
  • 全期間固定金利。金利は資金受け取り時点の金利が適用される。申込時の金利ではないことに注意をしましょう。


  • 返済方法

  • ●元金均等返済

    毎月の元金部分の返済額を一定にした返済方法です。利息が元金の合計に対してかかるので、支払いが進むにつれ利息も減っていきます。

    ●元利均等返済

    毎月の返済額(元金+金利)が一定額となる方法。返済額が一定なので毎月の支払計画は立てやすい返済方法です。


  • 融資の手数料
  • 融資手数料は取り扱い金融機関によって異なります。

まとめ

  • フラット35とは、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して提供している長期固定金利の住宅ローンです。
  • メリットは、保証料金が無料であること、繰上返済手数料も無料、返済方法や返済期間の変更手続きも無料。また借り入れしやすい。
  • デメリットは、住宅性能の基準を行う検査料金がかかること、民間金融機関よりも金利が高いこと。
  • フラット35の金利は、申し込み時点ではなく、借入の金額が振り込まれたときの金利ではじまることに注意。

カキザワ工務店/カキザワホームズでは、お客様のファイナンシャルプランのご相談も受け付けております。

間取りについて

土地の購入に際して気をつけたいこと

住宅ローン

このページのトップへ