メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

アフターブログAfter Blog

Date:2018年5月12日 | Category:

本日より相模原市にて屋根工事が始まりました。

まずは瓦おろしから、職人さん6人がかりで瓦を

おろしています。おろすだけで2日です。

今回の工事は瓦から軽い板金屋根に変更する工事です。

瓦の場合雨水は完全に防ぎきれません。雨水が侵入してしまった場合

瓦とルーフィングの間を通り外へ排水されます。

25年経過しているこの住宅は

ルーフィングが切れ始める時期でもあるため、

今回瓦をおろし新しいルーフィングにした上

瓦よりも軽いガルバニウム鋼板に葺き替えます。

ガルバニウムは瓦よりも軽いため地震に有利であり、

雨水も瓦より入りにくい利点があります。

瓦自体は焼き物でメンテナンスはいりませんが下地や釘、

漆喰部分のメンテは必要になります。

屋根自体のメンテナンスは10年~15年の外壁塗装の時などにあわせて塗り替えや点検

修理をおすすめいたします。


アフター/リフォーム部

このページのトップへ