メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

アフターブログAfter Blog

Date:2018年11月25日 | Category:

前回の屋根修繕工事の際

隣家のコンクリート瓦が崩れていました

持ち主にお話をして、ついでに修復をしました


 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼休憩時にお茶をいただきましたので

お代金は、お茶のお気遣いでご精算完了。。

屋根は必ず劣化して参ります。昔のお家は現代の防水用ルーフィングが

無かったため、野地板が劣化してしまい大規模修繕が必要になります

建て替えには、多額の費用が必要になりますので

日頃からお家のメンテナンスを行って、家の寿命を延ばすことが大事かなと思います。

台風や強風で瓦がズレた場合は、早々に地元の工務店に連絡をして

応急処置のご依頼をしてください。ちなみに有料なのでご注意ください。

雨水の浸入を防ぐことが、野地板を守る手段です。

 

Date:2018年11月11日 | Category:

築52年の屋根修繕工事の依頼があり

相模原市W様邸にお伺いしました。

屋根の下地の劣化が進んでいたので、野地板から張り替えました


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事期間 2日

木造の建築物も我々 カキザワ工務店が携われば

まだまだ、安心してお住まいになれるようになります。

数十年前の建物は、現在の耐震基準で施工がされておりません。

今回は、陶器瓦からガルバの屋根に葺き替えさせていただき、重さを軽減させていただきました

今後は、耐震補強をする予定です。

皆さんは、築52年と聞くと「建て替え」をイメージしますよね!!

お客様それぞれ考えがございますが

建て替えたくないご希望のお客様も多くいらっしゃいます。

そんなお客様に寄り添って、時間をかけて、安心してお住まいになれるお家に

変えて行くのも、大事な事だと思います。

そこには、技術と経験そして耐震知識が必要です。

古民家の良さを、現代に残す・・・・・・

それもカキザワ工務店の仕事です。

 

 

このページのトップへ