メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

アフターブログAfter Blog

Date:2019年1月21日 | Category:

こんにちは!
本日淵野辺展示場にて、漆喰の職人さんが、VELLA-ベネチアンプラスターにて壁を装飾しております。
日本での施工は数少ないとの事。

ベネチアンプラスターとは、大理石、砂、石灰などを含んだプラスター(漆喰)を壁に塗布し研磨することで光沢のある柔らかい
質感を作り出す「塗り壁材」です。


↑施工中


塗り終えました♪
光沢のある柔らかい質感が感じられます!
是非、淵野辺展示場にご来場の際は拝見して見てください♪

カキザワ工務店では、VELLA-ベネチアンプラスター施工の依頼を受けております。
ご興味のある方、是非ご連絡下さい♪
また、ご不明点ございましたらお気軽にご連絡下さい。

大塚(拓)

Date:2019年1月18日 | Category:

こんにちは!
今回はアフターメンテナンスに行ってまいりました♪

エアコンの室外機からでてくる風が、植栽、お隣さんのお家などに当たってしまうことがあります。
今回、「エアコンの風向きを変えられるようなものないか?」とのお問い合わせがございました。

「ございます!!」

そこで、今回ご提案させて頂いたものは、後付けでぱっと!取付可能な「ルーバー」になります。
ルーバーの向きを風を流したい方向に取り付けるだけで、風向きを変えることができます!


↑ルーバー取付無しの室外機。


↑今回取付させて頂いたルーバー。


2台お取付させて頂きました♪

カキザワ工務店では「~あったらいいな」「~商品はないのか?」など、お引き渡し後もどんなお悩みにも御対応致します。
お気軽にご相談下さい♪

大塚(拓)

Date:2018年12月10日 | Category:

カキザワ工務店の各展示場の冬支度として

植木のメンテナンスを職人さんにお願いしました。


高い木は脚立を使って剪定していきます。


~庭創作 はないかだ~のメンズです。

はないかだ・・・とは葉の中に花を咲かせる不思議な植物との事です。

寒い中ありがとうございました!

また、淵野辺展示場では床材のカバサクラを研摩して元の美しさを取り戻しました!

近くにいらっしゃった際は是非お立ち寄りいただき、

無垢床の素晴らしさを体感してくださいませ!

顔を研摩したい 営業部 卯木 でした

 

Date:2018年12月7日 | Category:

カキザワ工務店 淵野辺展示場のフローリングが

復活しました。

研磨作業 3日間

塗装作業 1日

荷物移動日数 6日間

無垢材のフロアー材を採用しますとメンテナンスが可能です

築14年目になった淵野辺展示場ですが

新築当時のカバザクラの味わいが復活です。

研磨作業前に家具家電をすべて室外に移動しての作業でした

家具家電の雨養生も万全に整え業者さんを迎え入れました。

皆様も、是非、床のメンテナンスをしてみませんか。。。。


ビフォー


アフター

お見積りには、業者さんが伺って行います。

お問合せお待ち申し上げております。

Date:2018年11月25日 | Category:

前回の屋根修繕工事の際

隣家のコンクリート瓦が崩れていました

持ち主にお話をして、ついでに修復をしました


 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼休憩時にお茶をいただきましたので

お代金は、お茶のお気遣いでご精算完了。。

屋根は必ず劣化して参ります。昔のお家は現代の防水用ルーフィングが

無かったため、野地板が劣化してしまい大規模修繕が必要になります

建て替えには、多額の費用が必要になりますので

日頃からお家のメンテナンスを行って、家の寿命を延ばすことが大事かなと思います。

台風や強風で瓦がズレた場合は、早々に地元の工務店に連絡をして

応急処置のご依頼をしてください。ちなみに有料なのでご注意ください。

雨水の浸入を防ぐことが、野地板を守る手段です。

 

Date:2018年11月11日 | Category:

築52年の屋根修繕工事の依頼があり

相模原市W様邸にお伺いしました。

屋根の下地の劣化が進んでいたので、野地板から張り替えました


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事期間 2日

木造の建築物も我々 カキザワ工務店が携われば

まだまだ、安心してお住まいになれるようになります。

数十年前の建物は、現在の耐震基準で施工がされておりません。

今回は、陶器瓦からガルバの屋根に葺き替えさせていただき、重さを軽減させていただきました

今後は、耐震補強をする予定です。

皆さんは、築52年と聞くと「建て替え」をイメージしますよね!!

お客様それぞれ考えがございますが

建て替えたくないご希望のお客様も多くいらっしゃいます。

そんなお客様に寄り添って、時間をかけて、安心してお住まいになれるお家に

変えて行くのも、大事な事だと思います。

そこには、技術と経験そして耐震知識が必要です。

古民家の良さを、現代に残す・・・・・・

それもカキザワ工務店の仕事です。

 

 

Date:2018年10月28日 | Category:

5年目点検にて町田市S様邸へお伺いしました。

掃除機がブツカリ、巾木のコーナーキャップが外れた

との事、


 

 

 

 

 

 

 

ビフォー


 

 

 

 

 

 

 

アフター

コーナーキャップは取付が簡単にできます

仮に破損しても安価な商品なのでご安心ください。

巾木は、掃除機が当たって壁を傷つけないために施工しています

物入の雑巾摺と同じ目的です。

この巾木は、将来的にとても便利な建材です。

フローリングの張替のとき、一緒に剥がさせていただき

フロアー材を壁にブツケテ施工しその上から新しい巾木を施工すると

あら不思議・・・・

隙間の無い綺麗なフローリングに仕上がります。

壁のクロスや塗り壁は多少傷みますが、隠し釘で巾木を施工しているため

多少の傷みで済みます。

話は変わりますが、先日、とあるTVで見たのですが、

壁の角なので足の小指をブツケルと痛い!! なぜ人は??小指をブツケルのか??

答えは・・・・ネットでお調べください。なるほど と思いました。

Date:2018年10月21日 | Category:

5年目点検に杉並区F様邸へお伺いしました。

バルコニー排水口の周りに埃がたまり土溜まりが

出来てしまっております。


 

 

 

 

 

 

 

完全に詰まってしまうと、室内に雨水が入って来てしまいます

室内雨水浸入を防ぐため、オーバーフロー管が施工されてます

排水溝の上部の丸い穴の事です。

しかし、局地的豪雨に見舞われた際、こちらのオーバーフロー管だけでは

容量が足りない場合もあります。

年に1回でも良いので、土溜まりの清掃をお願いして

定期点検 完了です。

バルコニーの場合は、清掃しやすいのですが、

フラットルーフ(玄関上など)が施工している場合は

脚立を用意していただき、定期的に確認してください。

点検が難しい場合は、ご連絡をいただければ、お伺いさせていただきます。

 

Date:2018年10月14日 | Category:

9月の台風24号にて、各地域で大きな被害が起きてます。

藤沢市M様邸にて、屋根瓦の一枚が飛来物と思われる

破損が見つかりました。


 

 

 

 

 

 

自然災害に対しては、被害者の火災保険で対応する

しかありません。加害者に責任を取っていただく事が

できないため、自分の身は自分で守るしかないのです。

火災保険には、皆様、必ず入りましょう。

ちなみに、近隣で起きた火災で自宅に被害があった場合も同様です。

24号では、ガレージ屋根が飛んだり。外構ブロックが倒れたり

カキザワ工務店のお施主様の自宅も多くの被害がでました。

順次、修繕のお手伝いにアフター担当者が回っているのですが

自然災害時は、各業者とも職人の手が回らない状況になります。

他人様への被害が予測される、お家から優先して手配を掛けるため

ご不便をお掛けするお施主様も多くなってしまいます。

自然災害発生時は、皆様、ご協力いただければ幸いです。

 

 

Date:2018年10月7日 | Category:

2年目点検に小平市T様邸へお伺いしました。

基礎表面に仕上げで、モルタルにて化粧をさせて

いただき、お引き渡しをしているカキザワ工務店では

このような、ヘアークラックが入る場合があります。

構造上には、まったく問題ないクラックです。


 

 

 

 

 

四季のある日本では、気温の変化、湿度の変化が

大きな原因になってます。

クラックと聞くと、不安を覚えてしまいますが

原因を知れば、不安になりません。

そうです、自然な現象です。

そのまま放置してよい自然現象と

放置してはダメな自然現象もあります。

参考までに、今回のヘアークラックを補修しても施工時期の経年変化で

モルタルの色の違いが大きくでるため、余計に目立つような補修になります。

構造上問題の無いヘアークラックは補修をしない方が良い場合が多いです。

室内のクロスも同様です。

補修費用もモッタイナイです。

築10年目から15年目の外部修繕工事の際に、まとめて修繕すれば良いと考えます。

ちなみに、玄関先など目立つ所は、お金を掛けても修繕をした方が良いと考えるお施主様が多いです。

定期点検時にアフター担当者にご相談してください。

こちらのアフターブログは、最近好評のお声をいただく事が多くなって参りました。

9月中は毎日更新させていただきましたが、

おかげさまで、修繕リフォームのご要望を多くいただき、

リフォーム提案および工事(本業)に専念させていただこうかと思います。

アフターブログは、好評につき、週1回は更新して参りますので

読者の皆様、今後も乞うご期待ください。

 

 

 

 

 

 

このページのトップへ