構造と断熱|標準仕様・K-style|神奈川県の注文住宅はカキザワ工務店へ

メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

標準仕様(K-style)Standard

構造と断熱

ベタ基礎とコーナーハンチ剛性や耐震性が強く、地面からの湿気の上昇も抑えるベタ基礎を採用。

カキザワホームズでは基本仕様として、鉄筋コンクリートを建物の下全体に敷き詰めた「ベタ基礎」を採用しています。地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため剛性が高く、また地面をコンクリートで覆うので地面からの湿気の上昇を抑え、白アリに対しても効果を発揮します。

基礎の立ちあがり巾は150mmの厚さを確保し、かつ建物の力が集中する外周部出隈コーナーにはコーナーハンチを設けることにより、一般的な基準を上回るスペックで施工しています。

制振ダンパー揺れにブレーキをかけて建物を守ります。

地震エネルギーを吸収する制震ダンパーは、地震の揺れによるエネルギーをダンパーの制御装置で熱に変換して放出することで、揺れにブレーキをかけて建物を守り、被害を大きく軽減できる最先端技術です。

外張り断熱(外断熱)外断熱で夏涼しく冬暖かい快適な家を作ります。

外断熱は基礎から壁、屋根の上まで断熱材ですっぽりと覆うことで家全体を断熱する工法です。気密性が高いため家全体が暖められ、居室だけでなく普通の住宅では暑くて使えないような小屋裏まで有効に使うことが出来ます。例えば家全体がリビングの暖かさで包まれる、といったイメージです。また、外断熱をおすすめするもう一つのポイントは、結露が発生しにくいということ。室内や壁内の温度差が少ないため、躯体劣化の原因となる結露が発生しにくく、家の長寿命化に貢献します。


スタイロフォーム

旭化成が開発した「ネオマフォーム」の断熱材を使用した外張り断熱。熱伝導率0.02%という数値は数ある断熱材の中でも世界最高クラスの性能を誇ります。
また、住まい全体をすっぽりと包み込む外張り断熱工法は、外気の影響をうけにくいため、夏は涼しく、冬は暖かい暮らしが実現できます。
*希望者によっては、内断熱工法の施工も可能です。


基礎断熱には、水に強いスタイロフォームを利用して、壁や屋根には高気密で経年劣化の少ないネオマフォームを使用させていただきます。 

シロアリ対策(天然ピレトリンMC)天然除虫菊の花から抽出したエキスでシロアリ対策。

防蟻処理は建物の地盤面から高さ1m以内の木部に行います。カキザワホームズは、天然ピレトリンMCを採用。天然ピレトリンMCは、蚊取り線香でも使われている天然の除虫菊成分をマイクロカプセル化したシロアリ用薬剤で、速効性および人体や環境への安全性に優れ、マイクロカプセル製剤のため長期残効性に優れます。天然物で唯一、白対協(日本しろあり対策協会)で認可された人の健康と自然にやさしい薬剤です。

高断熱+遮熱(Low-E)ガラスサッシ窓の断熱が住まいの省エネの要です。

一般住宅において熱の出入りがもっとも多いのは、屋根や外壁より窓などの開口部。冬を暖かく快適にすごすため、「K-style」ではアルミと樹脂製の高断熱+遮熱ガラスサッシを採用しています。

K-style が採用する「YKK APW330」は「快適性」「エコロジー」「機能性」が考え抜かれた国内最高レベルの断熱性が特徴。
窓の断熱性能を高めるだけでも冷暖房費の削減になります。YKKAPが開発した樹脂窓は省エネ基準等級☆☆☆☆の国内最高クラスの断熱性能と評価された窓です。

1度つけたら、お金のかからないエアコンがあります。それが「樹脂窓」です。


日本全国の年間連暖房費を削減。
窓の断熱性能を高めるだけでも冷暖房費の節約になります。
また、おだやかな季節には窓を開けて風を通せば、冷房費を節約しながら快適性を高めることができます。
※住まいの条件により得られる数値は異なりますので目安としてご利用ください。

「K-style」が採用する「リクシル サーモスⅡ-H」はアルミ樹脂複合構造に複層ガラスを組み合わせた高性能サッシ。樹脂は非常に熱を伝えにくい素材で、熱伝導率(熱の伝えやすさ)はアルミの約1/1000。温度差により発生する結露を抑え、結露による内装材の腐食を防ぎ、住宅の長寿命化に貢献します。
また冷気・暖気の最大の侵入口である開口部において、複層ガラスを採用すると断熱効果が高まり、冬暖かく夏涼しい快適な室内温度を保つことができます。複層ガラスは結露を抑え、遮音にも効果を発揮します。

窓の断熱が住まいの省エネの要です

一般住宅において、熱の出入りがもっとも多いのは、屋根や外壁よりも、窓やドアなどの開口部。
冬の暖房時に家から逃げる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものが約半分。つまり、冬を暖かく過ごすには、開口部からの逃げる熱をふせぐ断熱が重要です。

構造と断熱

内外装

住宅設備

このページのトップへ