カキザワホームズでは外断熱工法をお勧めいたします

メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

住宅性能

断熱性能

夏も冬も快適、結露もしにくい
外断熱工法。

夏は涼しく冬は暖かく。家の中の温度を快適に保ってくれる断熱にはいろいろな工法がありますが、私たちが自信を持っておすすめするのは、「外断熱工法」です。これは、基礎から壁、屋根の上まで断熱材ですっぽりと覆い、家全体を断熱する工法。気密性が高く外気の影響を受けないため、家の中はリビングもトイレもロフトも、どの部屋もほぼ一定の温度に保つことができます。家の中が一年を通して快適な温度で保たれ、見えない壁の中までもクリーンで、家計にも人にもやさしい外断熱。カキザワの家では、外断熱の工法をさらに“外張り断熱(K-Style)”と“ソーラーサーキット”というふたつの工法に分けてお客様に選んでいただく方式を取っています。

【K-style】
外張り断熱工法

K-styleは、高性能で安心できる断熱材を使った、カキザワの家オリジナルの外張り断熱工法です。断熱材にはたくさんの種類があるのですが、熱を通しにくく、水分を吸収しにくいものほど断熱性能に優れています。私たちが採用している断熱材は、軽くて丈夫、さらに熱伝導率と水分吸収率は他と比べても圧倒的に小さく断熱性能に優れていて、施工20年後の検査でも断熱性能はほとんど変わっていなかった、という結果も出ています。私たちが長年の経験から見極めた断熱材を使ったカキザワオリジナルの外断熱工法、自信を持っておすすめします。

右の写真は当社下溝展示場。下溝展示場は外断熱の家の実際の住み心地を体験していただけます。
下溝展示場について詳しくはこちら

屋根も基礎もすっぽり覆う外断熱工法は家中ほとんど温度差がないのが特徴。一般的な住宅では夏は暑くてたまらない屋根裏のロフトも、外断熱工法なら居住スペースとして利用できます。

K-styleは気密性、断熱性がともに高く冷暖房にかかる費用も少なくてすみます。リビングの大きな吹き抜けもK-styleなら光熱費が気になりません。

【ソーラーサーキット】
二重通気+外断熱工法

窓を閉めていても、床下や壁の中にまで風が通るという不思議な工法、それが、「外断熱」に「二重通気」を組み合わせて進化した外断熱工法「ソーラーサーキット」です。その秘密は、床下に設けた開閉可能な床下換気口と小屋裏に設けたファンが、季節によって開閉するシステムです。夏はさわやかな空気が床下から壁の中まで通り抜けて、壁の中の熱気を外に逃がしてくれます。冬は、家の中の暖かさを逃がさないように床下の換気口を閉めます。太陽光や風、温度差による気流など、自然エネルギーを家中に循環させ、快適な住み心地を実現した省エネ・エコな工法です。

  • 左の「四角」がソーラーサーキット用の排気口。床下から屋根裏に抜けた空気をここから排出します。右の「丸」は24時間換気システム用の排気口です。

  • 建物の基礎部分に設置したソーラーサーキット用の空気取り入れ口。ここから入った空気が壁の中を通り抜けて行きます。

  • ソーラーサーキットに蓄熱ヒーターを組み合わせることで、真冬も一日中じんわり暖かい、体に優しい住まいができあがります。

セルロースファイバーを
使った内断熱工法

カキザワホームズはお客様のご要望に応じて内断熱工法での家づくりにも対応しています。内断熱で採用している断熱材は、「セルロースファイバー」。セルロースファイバーは、天然木質繊維からなる自然素材の断熱材で、断熱性能はもちろん、吸湿性、遮音性に優れていることが特徴の断熱材です。

カキザワの4つのお約束

このページのトップへ