お役立ち情報|神奈川県の注文住宅はカキザワ工務店へ

メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

お役立ち情報

間取りについて都市型のコートハウス

タテ格子の内が中庭になったお客様のお宅です。

タテ格子の内が中庭になったお客様のお宅です。

内部はシンボルツリーのある明るいお庭です。

内部はシンボルツリーのある明るいお庭です。

密集した住宅地でプライバシーを守りながら広々とした明るい中庭をとれる家づくり。

基本的なコートハウスは道路側に高い壁面を建て、その内側に中庭と家を配置します。そして、中庭に面した大きな開口を設けます。こうした都市部に建てられたコートハウスのメリットは、周辺の環境に影響されないことです。

都市部の密集地で建築を考えると、隣家の状況によっては、採光や景観のための大きな開口が風呂や脱衣室の窓と向かい合う可能性もあります。そういった外部の影響を極力少なくできます。

コートハウスの家づくりは「中庭をどこに配置するか?」から始まります。室内からではなく、実は屋外からなのです。中庭が家の中で一番明るい場所であり、生活動線の中心になります。中庭は屋外ではありますが、LDKのような部屋の一部として考え、天気のいい日には家族みんなで食事をしたり、読書したり、趣味を楽しめます。


間取りについて

土地の購入に際して気をつけたいこと

住宅ローン

このページのトップへ