お役立ち情報|神奈川県の注文住宅はカキザワ工務店へ

メールでのお問い合わせ

フリーダイヤル0120-63-1009

お役立ち情報

間取りについてリビングは1For2F?

2Fのリビングは明るく開放的な感じが人気です。

2Fのリビングは明るく開放的な感じが人気です。

住宅において基本的な間取りは1階リビングでしょう。玄関から最初に入る部屋が家族の集まるリビングとなるからです。動線計画でもご説明したように、家事動線を考えると、洗面室、脱衣室は1階になります。

それでは、もし住宅密集地で1階部分が暗くなりがちであったならばどうでしょうか?昼間でも照明をつけて明るくしなければいけないことは不快ですし、生活費も上がる一方です。

そこで、2階リビングの逆転プランが考えられるのです。2階であれば日当たりも良く見晴らしがいい。そんなところにこそ家族の集まる空間を設けたい。2階リビングなら道路からの視線も気にならず、バルコニーに対して大きな開口をつくれます。構造的にも1階よりも広く高く空間をつくれます。さらに、勾配天井にすることで開放感ある大空間のリビングを演出できます。

しかし、2階リビングで注意することは、階段の昇り降りが増えることです。家事動線にかかわることなので、物干し室、ランドリースペースも2階に移動するほうがいいでしょう。

高齢化の配慮を同時に考えた場合は、階段の幅を広くする、中間に踊り場を造るなど工夫をします。

間取りについて

土地の購入に際して気をつけたいこと

住宅ローン

このページのトップへ